愛媛トヨタ|EHIME-TOYOTA

先輩インタビュー file.07 桐木 和広「One for All,All for One~“繋がり”を大切に」

 

就職活動を振り返って・・・。

学生時代、将来これがしたい!というのは明確にはありませんでした。ただ、コミュニケ-ション力が高まるような仕事につきたいという思いは何となくですがありましたね。
愛媛トヨタに興味をもったのは、アルバイト先の方に愛媛トヨタの元社員さんが働いてて「ええ会社よ」とお話をきいていたことですね。大学時代に入っていたラグビ-の社会人チ-ムの方や地元の知り合いからも同じこと聞き…。就職活動中に愛媛トヨタの体験入社で同行した先輩もラグビ-経験があり、縁を感じましたね。
わたしは生まれも育ちも愛媛ですから、そうした長年の繋がりに支えられた就職活動だったと思います。

仕事の中でどんな時に喜びを感じる?

やはり、お客様との関係の中で感じますね。
お名前で呼んでいただけるようになった時、以前はなかなかお話する機会がえられなかったお客様から何度も足を運ぶ中で、ご相談や頼まれごとをいただけた時、そして、自分の提案したお車やプランを気に入っていただき、喜んでもらえた時など^^
喜びを感じられる瞬間をもっともっと増やしていけるように成長していきたいですね 

 

 

今年から後輩ができましたよね。
何か変化はありますか?。

いい意味で緊張感をもって仕事にのぞんでいます。色々質問されることも増えたのですが、あいまいなことを伝えるわけにはいかないので、以前以上に自分でもしっかり調べたり、考えて発言することをに意識するようになりました。後輩に教える・・・というよりは、後輩の存在から自分が教わることのほうが多いような気がします^^

学生の皆さんへのメッセ-ジ。

幅広い人間関係をつくることをオススメします。
特に学生同士に偏らないほうがいいですね。
経験豊富な方と接する中には、時に注意を受けることもあるし、視点の違いに戸惑うこともあるでしょう。けれど、そうした経験の中で少しずつ自分のやりたいことや目指したい姿も見えてくるのではないでしょうか。
たくさんの人と出会いましょう!

 先輩インタビューメインページはこちらから

2016031807