愛媛トヨタ|EHIME-TOYOTA

先輩インタビュー file.06 井藤 健二「経験は宝。転職も職種転換もすべて財産」

senpaivol602

 

転職を経験し、会社の違いについてどう考えていますか?

皆でどういう会社を作っていこうか・・・という方向性が一番の違いじゃないかなって思います。その方向に進むために、社員一人ひとりがどんな考えをもって、どう行動しているかが大切ですよね。
愛媛トヨタに同業他社から転職して、はじめて参加した全社員大会は衝撃的でしたね。特に、社長の横田さんの話。「社員の幸せ」の実現について経営者が熱く語る社員大会。「目から鱗」だったのを覚えています。

営業スタッフとサ-ビスエンジニア。
仕事の醍醐味は?

エンジニア時代、一発でお客様のお車を直せた時は、本当に嬉しかったですね。ご用命以外のことでも、プラスアルファでお客様のお役に立てるようにと心がけていましたが、そのためには、時間の余裕が必要。
確かな技術を迅速にと、技術力のレベルUPは大切な目標でした。営業の仕事も根っこは同じだと思いますが、お客様と直接お話をする機会はさらに多く、何より“担当者”としてあらゆる面で信頼をいただけるような関係を築いていくことがわたしの仕事です。
お客様に頼りにしていただけた時には大きな喜びを感じます。車のプロ:エンジニアとしての経験を生かし、これからもより早く確かな安心感をお客様に与えていきたいです。

 

最近、副店長としての役割も加わりましたね。
スタッフの「成長」についての思いをきかせて下さい。

身が引き締まる思いです。わたしのやり方を押し付けたり、答えを教えるのでなく、スタッフが自ら経験の中で、自分の答えを見つけていけるような姿を目指しています。
そういう環境をどんな風につくっていけるかをいつも考えていますね。わたしのグル-プに、最近新入社員の配属がありましたが、先輩となった2年目のスタッフが後輩に背中を見せるべく汗をかいている姿が、今とても嬉しいです。成長し合えるような投げかけをこれからも模索していきたいです。

学生の皆さんへのメッセ-ジ。

企業は人なり、といいます。
就職活動では、企業データなどの、目に見えるものばかりではなく、文化や風土、そこで働く社員の心などの目に見えにくいものにもしっかりふれることが大切だと思います。
そのために、インタ-ンシップなどの機会を存分に利用するといいですよね。愛媛トヨタにも、インタ-ンシップ等でたくさんの学生さんが来られます。
できる限り、リアルに伝え、本音で接するよう心がけています。

 先輩インタビューメインページはこちらから

2016031807